日焼け対策は日焼け止めを塗るとともに遺伝子検査で肌の状態の確認も

日焼けをしてしまうとメラニン色素が生成してしまってシミやそばかすなどの原因となってしまいます。そのため日焼け止めを常に塗る事を習慣づけている人も多い事でしょう。 しかし年齢を重ねてくると活性酸素が発生しやすくなって肌老化が進行してきます。そのため日焼け止めを塗っていると肌が乾燥しやすくなってきて肌トラブルにも繋がってしまう可能性があります。年齢を重ねてきたら肌の状態というものもしっかり把握…

続きを読む

年齢と共に変えていかなければいけない日焼け止め

私は昔から日焼けしやすい体質なので、日射しの強い春先から夏場はSPF値の高い日焼け止めを塗っていました。20代のころから常にSPF50のものを使っていて、30代前半までは特に何の肌トラブルも起きませんでした。ところが35歳になるころから、だんだん肌がかさつくようになってきたのです。特にSPF50の日焼け止めを毎日塗っていると、皮膚がポロポロむけてくるようになりました。今までこんなことなかったので…

続きを読む

日焼け止めを塗り紫外線対策でシミが少ない主人です。

主人は私より数段色が白く、羨ましい位の美肌です。しかし、若い頃はそれがコンプレックスで、一生懸命日焼けオイルを塗り、毎日ベランダで干物のように表になったり裏になったりしながら、寝転んで日焼けさせたそうです。それでも元々色白なので、赤くなって若干火傷のような状態になり、皮が剥けてまた元の白い肌に戻るという繰り返しだったそうです。 でも時代は変わり、今は女子のみならず男子も日焼け対策をする時代…

続きを読む